2018年7月22日日曜日

クローチェの店先に小さなお店がオープンしました。

 
それは”木の芽とき(このめとき)”という名前の
「かわいい小さな緑たち」のお店。
 
 
オーナーのIさんのセンスが隅ずみまで感じられる
オリジナルの鉢ものや
ちょっと目新しい草木たちが楽しいお店です。
決して珍しい子たちばかりではないんですけど
彼女のもとで、
それぞれの個性が磨かれて、
より魅力的にしてもらっていると言えますね。
そうなんです!
Iさんとのちょっとしたトークにも
彼女のこの子たちへの愛情を感じます。
 
お値段も良心的ですし、
何より「なんてかわいいの!」
と思わず声をかけてしまいそうな作品たちばかり。
 
この前の水曜日(17日)が初日でした。
なんの前宣伝もしなていなかったのですが、、
たまたまクローチェを訪れてこられたお客様たちの間では、
とっても好評でした!
早くも口コミでその日のうちに、
わざわざお越しくださった方もいてね。。。。
嬉しい一日でした。
 
私が買い求めたのは、
葉っぱがまあるいユーカリの苗木。
私は初めて見たんですが、愛嬌ありますね。
(クローチェの古くからのお客様の
ペンション「ユーカリ」さんに早く教えてあげようっと)
 
 
オリジナルの青い植木鉢のこの子は、
葉っぱがハートの形をしています。
 
 
大切にしないと。。。。
 
しばらくの間は、クローチェの店先での
週一回(毎水曜日)だけの
ワゴン形式の販売ですけど、
ゆくゆくはご自分のお店を持つことが夢だとか。
応援してます。
皆さんも応援してください。
 

2018年7月11日水曜日

夏の間、クローチェでちょこっと召し上がっていただける冷たいお菓子って何かな?

 
 
パン屋にとって、夏は鬼門なんですよね。
少し油断するとパンがすぐにかびてしまいます。
(ちっともかびない不思議なパンにはお気をつけください)
 
誰しも食欲が下降気味。
そしてパンたちの売り上げも急降下。。。。
のんきなクローチェもさすがにピンチ!!
世間でよく言う二八月の罠ですね。
 
それでも皆さんに足しげくクローチェにおいでいただくためには、
どうしたら良いんでしょう?
 
王道は、やっぱり美味しいものを一生懸命作って、
ゆっくりクローチェのすべてを楽しんでいただくこと。
 
心のこもった手作りの味を大切に、
クローチェらしく、
クローチェならではのサービスでね。
 
この時期に皆さんに
手軽にちょこっと、
安心して、
美味しく
食べていただけるお菓子はないかな?
と考えてます。
 
そうだ!
混じり物のない
綺麗な味の
冷たいゼリーなんてどうかしら?
 
ということで、目下勉強中、試作中です。
インスタントや人工的な味とは違う本物の味を目ざして。。。。
 
 
このゼリーは、生クリームを固めたクリームチーズのような台の上に
リンゴのシロップで作ったゼリーが2層になってます。
試食していただいた方からは大変好評だったんですよ。
 
さっぱりプルンと濃厚まったりが相まって
とても深い味わいですって。
とってもおいしいって。
 
ただもう少し酸味とクリームのバランスを工夫しないと、
まだまだクローチェのお客さまにはお出しできないな。。。。
 
できるだけ頑張ってみますね。
お楽しみに。
このブルグで紹介しますから。
 


2018年7月1日日曜日

もう、梅雨明けですって!今年も暑くあつくあっつ~くなりそう。

 
さあて、クローチェ名物のかき氷の季節到来!
なんでパン屋でかき氷なの?
って言われますけどね。
でも、おいしいものを召し上がっていただけるのって嬉しいです。
今年は7/3の週からお出しできると思います。
 
この準備も楽しいですよ。
まず、お手製のフルーツシロップを準備して。
 
 
・素直な甘い香りが嬉しい”桃”
・トロピカルテイストが際立つ”マンゴー・パイナップル”
・爽やかな酸味と自然な赤色がきれいな”ラズベリー”
・ふくよかな豊かな気持ちを運んでくる”巨峰”(もう少し待ってね)
皆さまから好評のお馴染みのこれら4種をご用意してます。
 
さてさて、大田原にあるなじみの氷屋さんで
綺麗な氷を仕入れて
自慢の氷かき機を準備して。

 
クローチェのお得意様のT夫人からいただいた素敵な青い器を取り出して
ガラス工房Gさんの風鈴もつるして。
 
 
「氷あります」のかんばんも用意して。
 
 
 
 
まだまだ準備で忙しいわ。
んあ~忙し。
そうだ、クローチェ専属の用務員さんに全部頼んでしまいましょう!
 
たくさんのお客様に喜んでいただけるといいな。
是非、今年こそ召し上がってみてください。