2018年6月23日土曜日

今年も心待ちにしていただいていたあの方とあの方に急いで焼きました。

 
今年も白河のS農園さんからお分けいただいた
赤いルバーブでタルトを急いで焼きました。
心待ちにしておられたクローチェの大事なお客様への
この時期だけの特別なタルトです。
 
 
このブログで紹介させていただくのは3回目かな?
 
ところでルバーブってご存知でしたか?
全体をご覧になったことあります?
太い茎に大きな葉っぱのゴワゴワとした”野菜”なんですよ。
葉っぱはシュウ酸がたくさん含まれていて食べられないので、
硬いかたい茎の部分だけを
これまたそのままではとても酸っぱいので
お砂糖をたっぷりと合わせてお菓子にしたりするんですよね。
 
 
ルバーブのジャムはとてもおいしいですよ。
クローチェで販売しているAKIさんの手作りジャムの中にも
ちゃんと”あります”。
どうぞお試しください。
 
さて、話を元に戻して、
クローチェのタルトのレシピは毎回同じなのですが、
少しずつ進歩しているように思います。
特に今年は、ルバーブ独特の酸味とアーモンドの香ばしさとの
バランスが絶妙です。
もちろんルバーブの質も良いのでしょうが、
私の腕が上がった?
いやいや、
「ゴロゴロと切ったら、いったん冷凍にしてしまう」方法が
良かったんでしょう。
酸味がほど良く飛んで、アクも抜けて、
ルバーブの食感をゆっくり味わえる
仕上がりになりました。
 
洗練された酸味とは違った
昔からの素朴な西洋のお菓子文化を感じますよ。
 
 
そして何といっても赤いルバーブがきれいです。
加熱してもこの赤色が抜けていかないんですよね。
この写真では見にくいかな。
 
やっぱり紅茶が合うでしょう。
爽やかな酸味のある味だから
濃いめのミルクティなんかいかがでしょうか。
 
ご要望あればホールでもお作りしますし、
来週はカットしてお店にお出しするつもりです。
どうぞお楽しみに。


2018年6月21日木曜日

焼き菓子って楽しいな。さあ、頬張ってたくさん召し上がれ。

 
これはクローチェのショップカード。
私の手書きなんです。
 
 
今さら言うまでもないですけど、
クローチェはパンだけでなく、焼き菓子のお店でもあるんですよね。
 
わたしのお気に入りの焼き菓子を中心に
常時5、6種類くらいをお出ししています。
 
でも、もうちょっと、もうちょっとだけ頑張って、
皆さんに、もっといろんなおいしい手作りのお菓子を
楽しんでいただきたいなと思っているんですけど、、、、
なかなかねぇ。。。。ふ~。。。。
 
今回は、クローチェ期待のニューフェース、
私のお気に入りの中でもイチ押しの
「フロランタン」
を紹介したいと思います。
そう、日本でもよく知られているフランスの焼き菓子の定番ですね。
 
 
クローチェのフロランタンも
バニラの香るバターたっぷりのサブレ生地に
アーモンドスライスを載せて
はちみつと水あめでキャラメルコーティングした
典型的な作り方をしています。

 
でもやっぱり吟味された材料での手作りというのは違いますよね。
とにかく美味しい。。。。
 
気軽につまめるお菓子なんですけど、
濃厚で豊かな味わいの一方で、
カリッ、サクッ感がひときわ楽しくて楽しくて!!
これからの憂欝な季節でも
気分ウキウキ間違いなしです。。。。
 
静かな雨の日に、
冷たいカフェオレなんかをお供にいかがですか?
私のお薦めです。
たっぷり召し上がれ。

2018年6月16日土曜日

ミーティング・ポイント、、、、「出会いの場」。クローチェに託す私の夢。

 
昔むかし、
シンガポールに住んでいたことがあります。
親切な人々、美しい南国の風景、
便利で、清潔で、豊かで、平和で、
とても楽しい4年間でした。
 
すごく広い庭を持つコンドミニアムという大型アパートには  
様々な施設があって、
中でも常夏の国らしくプール周りの設備が充実していました。
休日の昼下がりはいつも、家族全員で
プールサイドで過ごしたものでした。
 

そこには、おいしいシンガポール料理を手ごろな値段で楽しめる
オープンエアの小さなレストランがあって、
多くのアパートの住人が集う場でした。
 
そのお店の名が「ミーティング・ポイント」(出会いの場)。
とてもふさわしい、すてきな名前だなと今でも思います。
 
クローチェも、、、、
プールはないけれど、

あの人とこの人がおいしいもので繋がる、
ミーティング・ポイントになっていきたいというのが私の夢。
 
大それたことかもしれませんが、
クローチェを訪れてくださる
お一人おひとりとの交わりを
一つひとつ大事にしていこうと思います。
きっと那須のミーティング・ポイントになれると信じて。。。。
つい先日、皆さんにも紹介したい出会いがクローチェでありました。
この話はまた改めてさせていただきますね。
 
そうそう、かわいい看板娘だった”ライシモちゃん”は
どうしてるだろうな?
中年のおばさんになってもチャーミングなあだろうなぁ。
さて、クローチェの看板娘はというと、、、、
この子です!再登場。 
 

2018年6月5日火曜日

今年のクローチェの小さな庭はとても綺麗です。本当に幸せ!

 
昨年暮れの、それはもう寒いさむ~い中で、
大切なお友達のSさんが
丹精込めてクローチェの庭づくりをしてくれました。
さすがに園芸のプロだけに
見違えるような今年の庭の華やかさは、
とても見ごたえがあります。
 
那須ハイランドにお住まいで、
とても素敵なセンス溢れるお庭をお作りの
心優しいWさんご夫妻も絶賛です。
嬉しいな。
ありがとう。。。。
 
 
クローチェの店先を飾ってくれていた
モンタナとモッコウバラが咲き終わったいま、
いよいよ待ちに待った私の愛するバラの季節を迎えています。
 
Sさんが20鉢はあるすべての株を植え替えて、
丁寧に剪定してくれたお陰で
今年のクローチェのお嬢様たちは、
ひときわつややか、
清楚でありながら妖艶な、
慎ましやかでありながらあでやかな。。。。
皆さまもお庭の相談事は是非Sさんに!
 
クローチェにお越しの際は、ゆっくり楽しんでくださいね。
 

 
そうそう、毎日せっせと水遣りをしてくれている
我が家の「用務員さん」にも感謝します。
ありがとう。。。。
 
そして木々たちも華やいでます。
シンボルツリーの栴檀(せんだん)も遅い芽吹きが見られましたし、
今年のヤマボウシの白い花もひときわ見事ですし、
桑の木やグミの実も熟し始めましたし、
那須の季節の移り変わりが本当に楽しいです。
 
 
今年も暑い夏になりそう。
さてさて恒例の「パン屋のかき氷」はいつ始めようかな?
心待ちにしていただいているお客さまもいらっしゃるから、
例年は7月だけど、今年の季節のように前倒ししようかな。。。。
 


2018年5月22日火曜日

クローチェ唯一のキャラクターお菓子。これだけは特別です。。。。

 
ムーミンママに憧れてます。
 
「あら、あら、まあ大変。でも大丈夫よ。」
「さあさ、お茶にしましょう。」
「おいしいものを作りましょうね。」
 
アニメの中のムーミンママの言葉から伝わってくる
大きなおおきな包容力と分け隔てないやさしさに、
料理が好きで、手仕事に精を出す姿に、
パパを尊敬して、子供のムーミンにも理解ある母親に、
憧れてます。
理想と言っていいかも。
 
何か気疲れして少し辛いなと思う時に
ムーミンのDVD(6枚全集を持ってます)を
うっとりと眺めて、
ママの言葉を聞いていると
本当に心が癒されます。
 
というわけで、
私の身の回りにはムーミングッズがいっぱいです。
クローチェにもそのいくつかを置いてます。
 
この風に揺れるモビールにお気づきでしたか?
 
 
スタッフのマグカップもムーミンシリーズです。
 
 
そして皆さまには、、、、
この「ムーミンとミーのペアクッキー」をお出ししています。
 
 
 
ちょっといびつですが、雰囲気出ているでしょう?
ほら、ムーミンママもお勧めしていますよ。
皆さんも楽しんでいただけたらいいなって。
「さあさ、お茶にしましょう。」

2018年5月6日日曜日

このホットドック、少し驚かれますよ。クローチェの新作ランチの紹介です。

 
今年の連休も多くのお客さまにクローチェにおいでいただきました。
 
この時期に那須の別荘に滞在され、
クローチェにも必ずお越しくださるご一家からは肉まんのご所望。
ブログを読まれて、一度食べたいと思っていらしたそうです。
なのに、あいにくのストック・アウト! 
翌日も、わざわざおいで下さるということで、
材料を急遽揃えて、夜なべ仕事でせっせとお作りしました。
(パン屋の「ひき肉との深夜の格闘」というのは絵になりませんけど)
翌朝、とても喜んでいただけました。
嬉しかったです。
おいしく召し上がっていただけたかしら?

 そして、クローチェの初めてのお客様。
ご年配の落ち着いた雰囲気を持たれたご夫婦。
クローチェのお庭で読書を楽しまれるお二人です。
フランスご出身の奥様とは、
このブログでもご紹介した
イースターのお菓子アニョーパスカルや
那須に点在するカトリック教会施設のことで
気持ち良く豊かな会話を楽しませていただきました。
もちろんフランス語で。。。。
と言いたいところですが、
奥様の日本語が完璧で、
私はまったくフランス語を使う必要がありませんでした。
なんちゃって!

さて、今回の本題。
この連休中、好評だったのがこのホットドッグです。


手作りソーセージのNFアトリエ那須さんの
「バイス・ブルスト」を丸ごと一本!
クローチェ自家製のザワークラウトも
たっぷりと召し上がっていいただけます。

少し柔らかめの茹でソーセージと
やさしい口当たりのじゃがいもコッペパンは
最高の相棒同士だと思います。

そこにちょっと酸っぱいキャベツの酢漬けが
この相性を盛り立てて。
マスタードを添えてお出ししています。

ねっ、とても大胆でおいしそうでしょう?
思いっきり頬張って欲しいな。
大人の味です。
(もちろんお子様も好きなはず)
決して「トマトケチャップください!}などとは
言わないで欲しいですね。


2018年5月3日木曜日

クローチェのかわいい新入君の紹介です。。。。おっとりとした癒し系です。


クローチェのちょっとせっかちな鳩時計。
時は正確なんだけど、
「カッコかっこ」が速い早いはやい!
 
遠くヨーロッパで生まれて、
日本の那須の地で頑張っていたのに、
どういう訳か長針が折れてしまい、
時計の役割をはたせなくなってしまっていたんです。
 
何とか手を入れてあげたいなと考えていたんですけど、
なかなか良い修理屋さんが見つからなくて。
困ってました。。。。
 
そんな中、お友達の韓国料理A店の奥様のご親戚が
町中で古くから時計店を営んでいらっしゃるとの情報をゲット!
さっそく期待を込めてお訪ねしました。
 
旧国道4号線沿いあるひっそりとした昭和の佇みのお店の扉を開けると、
薄暗い作業場からご主人が静かに出ていらっしゃいました。
「えっ?ゼベット爺さん?!」
と思わず呼びたくなるような紳士です。
 
腕は確かだと伺ってたんですが、
こんな面倒な修理を受けていただけるのかなと
おずおずとお尋ねすると、
すぐに作業内容の説明を丁寧に始めてくれました。
気持ち良く受けていただけたようで、ひと安~心。

それから10日間程度の入院で見違えるようになって
元気に帰ってきました。
でも「カッコかっこ」のせっかちは治りませんでしたけどね。。
これがそのご本人。


でも今回の主役は、こっちの子なんです。
「カッコ~・・・かっこ~・・・」とおっとりした鳴き声のいい子。

ゼベット爺さん(失礼)のお店の片隅に(本当に隅っこに)、
半分ほこりをかぶったような状態で置かれていたこの子に
目が吸い寄せられてしまったんですよね。
このどこかノスタルジックな、昭和レトロな鳩時計にね。

今やクローチェのマスコット。
お店の雰囲気にふさわしい癒し系の鳴き声でお客様をお出迎え。
「カッコー・・・かっこー・・・いらっしゃいませ~」


ね、かわいい子でしょう?

クローチェに着てすぐ大事件があったんですけど、
気丈に頑張りました。
その話は、また今度。